ジムで運動するようになって体力が増したという福士さん(右)=2月6日

 青森県弘前市のスポーツジムに要支援者向けのデイサービス機能を持たせ、介護予防を進める新たな取り組みが本年度、同市でスタートした。ジムは、商業・娯楽施設内にあるため、運動のほか、入浴や買い物も楽しめるのが特徴。高齢者の生きがいづくりと健康寿命の延伸にもつながる-と期待される。ジムを運営する八戸市の事業所の代表は「将来的に看護師や理学療法士などを配置し、『街の保健室』を目指したい」と語っている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。