「三番叟(さんばそう)」を舞う子どもたち

 青森県三沢市の県無形民俗文化財「岡三沢神楽」を継承している岡三沢神楽保存会は23日、第21回定期公演会を岡三沢町内会館で開いた。笛や太鼓、手びらがねの囃子(はやし)に合わせ、勇壮な舞など15演目を地域住民の前で披露した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。