マイクを手に八食センター(八戸市)のにぎわいを録音するナカコーさん=2019年12月(SOUNDS GOOD®提供)
展示物のサンプル(QRコードは仮)。スマートフォンなどでQRコードを読み込むと、競りの声など弘果弘前中央青果(弘前市)の音が聞ける(SOUNDS GOOD®提供)

 県農林水産部の若手職員が、音を使って青森県農林水産業の魅力を発信するコンテンツづくりに取り組んでいる。大鰐温泉もやしを温泉水で洗う「ジャバジャバ」という音や、酒蔵でもろみが発酵する「プチプチ」という音など、農林水産業の現場で音を収集。3月には、集めた音を写真と共に伝える展示会を東京で開催する。関係者は「農林水産業に対する関心を高め、県外から人を呼び込むきっかけになれば」と期待を寄せている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。