意見交換した内容を模造紙に書き込む「市民のつどい」の参加者

 青森県むつ市は22日、使用済み核燃料への新税を検討する取り組みの一環として、市民会議「希望のまちづくり市民のつどい」を同市の下北文化会館で開いた。市民らが、将来の市に必要と考える施策をテーマに意見を出し合った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)