ツバキの種から取り出した実をすりつぶす参加者ら

 青森県平内町地域おこし協力隊員や住民有志でつくる町地域おこし支援協議会は16日、ツバキの種から油を搾るワークショップを同町小湊のまちなかオフィスで開いた。約10人が参加し、つばき油ができるまでの工程を体験した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。