縄文クッキーを販売し、買い物客に二ツ森貝塚をPRする児童

 青森県七戸町の天間林小学校の6年生27人が19日、同町の道の駅しちのへなどで縄文クッキーを販売し、買い物客らに地元に残る縄文期の集落遺跡「二ツ森貝塚」をPRした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。