IoTを活用した遠隔監視の実演が行われた生産者向け説明会

 青森県八戸市農業経営振興センターは13日、IoT(モノのインターネット)を活用したイチゴ栽培の生産者向け説明会を同市市川の八戸苺生産組合で開いた。生産性向上や労働環境の改善が期待される最新の栽培管理方法だが、高齢化や後継者不足に直面する生産者からは「設備の導入コストが課題」など慎重意見が相次いだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。