来院者に感染予防措置を啓発するポスター=県立中央病院

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、青森県内8保健所に設置された「帰国者・接触者相談センター」に、既に700件弱(19日時点)の相談が寄せられていることが21日、県への取材で分かった。「見えない敵」に県民の多くは不安を口にし、県内の医療関係者も神経をとがらせているが、専門家は県民も医療機関も冷静な対応を-と訴える。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。