審査会合に臨む原燃担当者ら=21日、東京都港区

 日本原燃が2021年度上期の完工を目指す六ケ所再処理工場(青森県六ケ所村)の安全審査で、原子力規制委員会は21日、東京都内で、地震・津波分野で最終となる審査会合を開いた。規制委は原燃の説明を了承し、設備分野と合わせて6年にわたった審査会合が一通り終了。原燃は合格に必要な補正申請書の作成に注力するが、規制委は検討不足などの不備が目立った原燃の審査対応を「信頼度が薄い」(原子力規制庁幹部)と不安視。安全審査は最終盤だが、依然として合格を得る時期は見通せていない。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。