新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、外国人の宿泊キャンセルが発生している青森市内のホテル。カウンターには予防対策として従業員のマスク着用を知らせる掲示物も=21日

 新型コロナウイルスの国内での感染拡大に関し、青森県内の一部宿泊施設で2~3月の外国人宿泊の約35%がキャンセルされたことが21日、県の調査で分かった。県内中小企業では、前年の同時期と比べ売上高が2割以上減少した企業もある。一方、青森観光コンベンション協会の調査によると、青森市内の五つのホテルでは3週間で計1500人以上のキャンセルが発生した。感染拡大の影響が、県内に広がっている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。