青森県内の医療、樹木、気象関係者らでつくる県花粉情報研究会(事務局・弘前大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科学講座)は21日、今春の県内のスギ花粉飛散数は青森市で平年の約2倍に上り、大飛散になる-との予測を公表した。飛散開始時期は、早ければ2月下旬の可能性もあるとしている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。