国が今年4月から私立高の授業料を「年収590万円未満」世帯まで実質無償化するのに伴い、青森県は20日、独自に行ってきた私立高生徒への就学支援制度を見直すことを明らかにした。国制度の支援が薄い「年収590万円以上710万円未満程度」世帯を対象に、全日制で月額9900円を上乗せ補助し総額1万9800円とする。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)