粘土でテラコッタを制作する生徒=2019年7月(是川中提供)
生徒が制作した木彫
生徒が制作した土偶

 青森県八戸市の是川中学校(吉田浩之校長)の全校生徒が作った木工作品を展示する「木彫展」が、本年度で50年目を迎える。恒例行事として地域住民に長く親しまれてきた同展は、これまで百貨店やはっちなど市中心街で開いてきた。半世紀の節目となる今回、木材の提供などで支援を続けている地域住民へ感謝の気持ちを込めて、初めて地元の是川公民館で展示を行う。開催期間は22、23日の2日間。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)