滝の前でスギの枝葉を燃やして作柄を占った氷祭

 青森県西目屋村の名坪平地区にある乳穂ケ滝(におがたき)で16日、滝の結氷具合やたいまつの燃え方などからその年の作柄を占う「氷祭」が開かれた。気温が下がる日が少なかった今年は、氷柱ができず、水が流れる滝のもとで神事を行い「遅霜に気をつけなければいけない。夏はそれほど暑くないだろう」などとのご託宣が出た。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)