青森-ソウル線の運休により土産店などへの客足減が懸念される青森空港=20日

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大韓航空が青森-ソウル(仁川)線の一時運休を発表した20日、運休期間中(3月29日~5月末)の団体ツアーが実施できなくなるなど、観光業界に影響が出ていることが関係者への取材で分かった。運休は桜祭りなど春の観光シーズンと重なっており、売り上げ減少など、今後のさらなる打撃を懸念する声も出ている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。