青森県は20日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計総額は6816億円で、19年度当初より166億円(2.5%)増えた。予算が前年度を上回るのは2年連続。最重要課題の人口減少克服に向け、若者、女性の県内定着・還流や結婚・出産・子育て支援、労働力確保などの対策に予算を重点配分した。「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録を見据えた取り組みや、東京五輪・パラリンピックの開催効果獲得にも力を入れる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)