青森-ソウル線を3月29日から運休する見通しの大韓航空機

 韓国の大韓航空が青森-ソウル(仁川)線の一時運休を検討していることが19日、複数の関係者への取材で分かった。運休期間は夏季スケジュールの3月29日から5月末までで最終調整している。日韓関係の悪化で昨年秋から利用者が減少している上、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大していることで、さらに需要が減少していることが響いた。現時点では6月からの運航再開を計画している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。