2026年度開始をめどに、ごみ処理広域化に向けた話し合いを進めている弘前地区環境整備事務組合(弘環組合)と黒石地区清掃施設組合(黒清組合)による津軽地域ごみ処理広域化協議会は18日、青森県弘前市の弘前地区環境整備センターで会議を開き、26年4月1日に広域化を開始することを決定した。また、運営方式を現在と同じ一部事務組合とし、両組合を統合、組織の名称を「弘前地区環境整備事務組合」とすることも決めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)