野辺地町が国スポ会場として想定している町立体育館。1976年の完成で老朽化が進んでいる

 2025年に青森県野辺地町で行われる予定の国民スポーツ大会(現・国民体育大会)ハンドボール競技(少年の部)について、県ハンドボール協会は18日、野村秀雄町長に、会場となる新体育館を建設するよう要請した。現在の町立体育館での開催を目指す町の方針に異議を唱えた形。県協会の諏訪正徳会長は「耐震の適格が取れないと、今の体育館を会場にすることはできない」と訴えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)