暖冬は鳥にも快適? 日本野鳥の会青森県支部と弘前支部は、毎年1月に県内各地で行っているガン・カモ・ハクチョウ類調査の結果をまとめた。確認できた野鳥は24種類の5万16羽で昨年に比べ78%も増え、ここ10年間で最多だった。関係者は、暖冬で湖が凍らず鳥たちがとどまったからでは-とみている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。