桜の剪定を手際よく進める弘前市公園緑地課の職員ら=18日午前9時40分ごろ、弘前公園下乗橋近く

 青森県弘前市の弘前公園で18日、桜の剪定(せんてい)作業が始まった。今年の弘前さくらまつりは100回目の節目。本番に向け、見応えのある桜を咲かせようと、市公園緑地課の職員ら約30人が、枝ぶりを見極めながら、剪定ばさみなどで手際よく枝を切り落とした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。