木箱に入れて約2カ月間雪の中で貯蔵したリンゴ。一部のツアー参加者は掘り起こし体験もした

 青森市の青果仲卸業「新日本青果」と酸ケ湯温泉などは16日、同温泉付近の雪室で貯蔵した県産リンゴの掘り起こしを行った。約2カ月間保存されたリンゴは、みずみずしく甘さが際立つ味に。県内外のバイヤーや一般参加者ら40人が作業の体験を通じて雪を生かした産物に関心を見せた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。