豆しとぎの生地をこねて形を整える児童たち

 青森県六戸町の六戸小学校3年生の児童37人が12日、同町の豊文精米加工センターで、県南地方でよく食べられる「豆しとぎ」作りを体験し、地域に伝わる家庭の味に親しんだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。