新型コロナウイルスの国内での感染拡大を受け、青森県は17日、これまでの情報連絡会議から警戒態勢を格上げし、全庁連携の危機対策本部(本部長・三村申吾知事)を設置した。今後さらに感染者が増加する新たな局面に入ったとの国の認識を踏まえ、感染拡大防止へ態勢を強化するため。

 県内で感染者は出ていないが、国内各地では感染経路が不明な患者が相次ぐなど、市中感染への懸念が強まっている。

 三村本部長は県庁で招集した本部会議で「青森県でもいつ発生してもおかしくない状況のため、さらに万全の態勢をとる」と述べ、各部局に対し、全庁連携で感染拡大の防止に万全を期すよう指示した。

 県民には、不要不急の外出を避けることや手洗いなどの感染対策の徹底、感染を疑う場合はまず保健所の相談センターに連絡するよう呼び掛けた。