お年寄りの集まりで啓発活動に取り組む「とわだセーフコミュニティをみんなですすめ隊」の蛯沢隊長=2019年11月、十和田市の相坂上講会堂
パチンコ店に悩み相談窓口が書かれたチラシ掲示を依頼する自殺予防対策部会の活動=2018年7月(十和田市提供)

 青森県十和田市が県内市町村で唯一、2009年に初取得した安心・安全な街づくりを進める取り組みの国際認証「セーフコミュニティ(SC)」。継続には5年ごとの再認証が必要で、同市は昨年10月の現地審査を経て、3回目の認証取得が内定した。節目を前に、普及啓発活動に努めてきた市民たちは、息の長い取り組みにしていきたいと決意を新たにしている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)