虹のマートの売り場に立つ浜田さん。「弘前で100年続く市場にしたい」と意気込む
JR弘前駅近くの虹のマート。新規テナントを募集している

 青森県弘前市駅前町の食品市場「虹のマート」を運営する弘前食料品市場協同組合が3月1日、株式会社に生まれ変わる。出店者の高齢化や後継者難、消費者ニーズの変化といった課題に柔軟に対応できるよう、組織のあり方を見直す。新会社の社長に就く浜田健三さん(65)は「お客さまにより喜ばれる市場に変え、対面販売の良さを将来に残したい」と意気込む。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。