建物を解体することとなった「田中屋」の店舗。解体後、津軽塗製品の販売店を新築する方針

 2017年に閉店した青森県弘前市の津軽塗製造販売「田中屋」の店舗を活用して、津軽塗製品の新たな販売店を開設する計画を進めている市内の事業者が、現在の建物を解体する方針であることが17日、分かった。建物内部を一部解体して調べたところ、柱などの老朽化が著しく、改修補強工事では安全性が確保できないと判断したため。解体工事後に店舗を新築する。オープンの時期は、現時点で決まっていない。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。