【距離成年男子B10キロクラシカル】31分8秒4で5位に入賞した蛯名(自衛隊体育学校)=たいらクロスカントリーコース
【距離成年男子B10キロクラシカル】31分35秒4で8位に入賞した板橋(陸自青森)
【大回転成年男子A】1分を切る好タイムで6位入賞の山田(東奥義塾出、日大)=たいらスキー場
ジャンプ少年男子で8位に入賞した桑田(五所農林)

 第75回国民体育大会冬季大会スキー競技会「とやま・なんと国体2020」は第2日の17日、富山市でジャンプ、南砺市で大回転、距離クラシカルを行った。青森県勢は、距離10キロクラシカル成年男子Bで、昨年北海道から出場して優勝した蛯名貴徳(野辺地高出、自衛隊体育学校)が5位、板橋達基(陸自青森)が8位とともに入賞した。大回転は、成年男子Aに出場した山田椋喬(東奥義塾出、日大)が6位と2年連続で入賞。ジャンプは少年男子の桑田匠(五所農林高)が8位と昨年より順位を上げ健闘した。大会第3日の18日、県勢は大回転、距離クラシカル、複合に出場する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から