地熱の特性や可能性について話し合ったパネルディスカッション

 自然エネルギーの中でも安定した発電が可能な地熱への理解を深めてもらおうと、青森市は16日、地熱開発をテーマにしたシンポジウムを同市のねぶたの家ワ・ラッセで開いた。日本は世界3位の地熱資源を有しており、八甲田地区でも民間による調査が進められているという。約200人の参加者は、地熱の特性や今後の展望などを学んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)