雪が残る中、早くも見ごろとなっているマンサクの花=15日午前、青森市の新県総合運動公園

 青森市宮田の新県総合運動公園敷地内で、春の訪れを告げるマンサクの花が早くも見ごろを迎えている。うっすらと雪が残る中、鮮やかな黄色の花びらが際立っており、散歩で訪れた市民の目を楽しませている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。