商店街の店舗情報が書かれた「北のまちカード」。表にイラストとキャッチコピー、裏には店舗案内が書かれている
北のまちカードが展示され、配布場所となっているギャラリーまんなか。弘前れんが倉庫美術館を紹介するパネルや模型、写真も展示されている

 青森県弘前市吉野町に整備が進められている「弘前れんが倉庫美術館」の開館を地域活性化のきっかけにしようと、中土手町まちづくり推進会議は「民(みん)まちアートプロジェクト」を始めた。第1弾として中土手町商店街の店舗を紹介する「北のまちカード」を制作、11日から弘南鉄道中央弘前駅構内の「ギャラリーまんなか」で配布を始めた。掲載店舗にカードを持参すると、各店先着10人に同美術館のクリアファイルをプレゼントする。配布は26日まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。