交通事業者などでつくる「五所川原市地域公共交通活性化協議会」は14日、事務局の市が策定した公共交通再編事業の内容を了承した。市と交通事業者は利用が低迷していたバス2路線を3月末で廃止し、代わりの交通手段として、4月から市内3区域で予約型の乗り合いタクシーの運行を始める。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)