雛岳から望む高田大岳。山頂位置が変更され、標高は7メートル高くなった=2015年10月

 北八甲田の高田大岳(青森県十和田市)の山頂位置が従来から約115メートル西に移動し、標高が1552メートルから1559メートルと7メートル引き上げられたことが分かった。地元山岳団体・十和田山岳振興協議会の指摘を受け、国土地理院(茨城県つくば市)が写真測量法での再調査を行った上、1月29日付で改定した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。