青森県平川市は14日、2020年度一般会計当初予算案を発表した。総額は19年度当初比22億円(11.2%)減の175億円で、2年連続のマイナス予算。新体育館整備事業や平賀東小の改築事業などが終わり、普通建設事業費が21億4831万円(45.5%)減の25億6910万円にとどまったことが大きな要因となった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から