青森市は14日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は19年度当初比77億3700万円(5.9%)減の1224億9700万円で、4年ぶりに減額予算となった。予算規模は過去5番目の大きさ。青森操車場跡地の用地の買い取り終了や、市役所新庁舎の完成などにより、普通建設事業費が大幅に減少した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から