京都府亀岡市は14日、小売店でのプラスチック製レジ袋の提供を禁止する全国初の条例案に関し、施行日を明記しない条例案を市議会に提出した。8月の施行を目指していたが「事業者への周知期間をしっかり取るべきだと判断した」としている。施行日は未定となり、今後規則で定める。

 市は、事業者らが参加した4日の協議会で、8月に施行予定とした条例案を提示。その後、市議会全員協議会で「時間をかけて市民の理解を得るべきだ」などの意見があり、記載を見送った。条例案自体に反対した市議はいなかった。

 市の条例案は、7月から全小売店にレジ袋の有料化を義務付ける政府方針よりも踏み込んだ。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む