13日、米ワシントンで記者会見するシューマー上院院内総務(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】米上院(定数100)は13日、トランプ政権によるイランに対する戦争行為を制限する決議案を超党派の賛成多数で可決した。戦争行為の開始には事前の議会承認が必要などと規定。野党民主党議員が提案し、8人の与党共和党議員が賛成に回った。決議案は民主党が多数を握る下院に送られ、審議される見通し。

 トランプ大統領は拒否権を行使する方針。覆すには上下両院で改めて採決し3分の2の議員の賛成が必要。上院は55対45で必要数に届いていない。

 決議案はトランプ政権が先月初め、イラン革命防衛隊の精鋭コッズ部隊のソレイマニ司令官をイラクで殺害したことも非難した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む