青森県弘前市は今年5月をめどに「マイナンバーカード普及促進対策室」(仮称)を市役所内に設置する。他市に比べカードの取得率が低いことを受け、スタッフを大幅に増やし、企業や学校、病院などに出向いての申請受け付けも行う。桜田宏市長が12日の定例記者会見で明らかにした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)