足を滑らせながら必死にパックを追う日米の児童たち
ナガイモ形のスティックとホッキガイ形のパック
ニンニク形のカバーをかぶせたヘルメットを身につけ、気合十分
試合前は日米の児童が一緒に準備体操
日本の児童は英語で、基地内の児童は日本語で選手宣誓
スタンドから声援を送る米国人。応援にも熱が入る

 青森県三沢市特産品のホッキガイやナガイモ、ニンニクをかたどったオリジナル用具でアイスホッケーを行う「MISAWAアイスホッキー」が8日、三沢アイスアリーナで開かれた。市内と米軍三沢基地内の児童約140人が参加し、計18チームが熱戦を繰り広げた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。