インタビューで現在の心境を率直に語る伊調馨さん=8日午前、八戸市武道館

 今夏の東京五輪出場を逃し、去就が注目されているレスリング女子五輪4大会連続金メダリストの伊調馨さん(35)=青森県八戸市出身、ALSOK=が8日、同市武道館で東奥日報の取材に応じ、現在の心境を語った。「(東京五輪の)挑戦に後悔はない」と吹っ切れた様子を見せつつ、これからも競技に関わる意向は変わらないとし、「レスリング界の発展のため、これまで培ってきた経験や体験を子どもたちに伝えたい」と意欲を示した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。