佐藤さん(右)にこつを教わりながらアスパラガスを収穫する武田小の児童

 青森県中泊町の農家で、学校給食に野菜を提供している「給食おもいやり隊」の佐藤イネ子さん(66)が1月29日、同町の武田小学校4年生児童11人を招き、ビニールハウスで育てているアスパラガスの収穫体験を行った。児童たちは自分で切り取ったアスパラを焼き、大切に育てられた味をかみしめていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。