マスクが売り切れ、空きも目立つ商品棚。個数制限への協力を求めるお知らせが掲示されていた=1日午後、青森市のメガ石江店

 新型コロナウイルスによる肺炎への感染に警戒感が高まる中、インフルエンザの流行期も重なり、全国的にマスクの需要が急増している。青森県内のドラッグストアや小売店でも品薄状態で、マスクを求めて店をはしごする人も。商品棚には欠品が目立ち、購入数に制限を設ける店も出ている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。