「岩木山ウィンターフェスティバル」の事業計画などを承認した実行委

 青森県弘前市、市教委、東奥日報社などで組織する、岩木山ウィンターフェスティバル実行委員会は31日、同フェスティバルを弘前市の岩木青少年スポーツセンターで3月15日に開くことを決めた。

 同日、弘前市役所で行った会議で、事業計画などを承認した。同イベントは例年2月に開催していたが、天候が安定しやすく、2012年まで続いた前身のイベント「岩木山スキーマラソン」の開催時期と同様の3月に変更した。

 今年のイベントでは、誰でも参加できるクロスカントリースキーの記録会と、25年の青森国民スポーツ大会の競技の一つであるライフル競技にちなみ、ビームライフル体験コーナーを新たに設ける。昨年行った雪上バナナボート体験、スノーモービル体験などは安全面への配慮から中止とした。

 このほか、スノートレッキングやペダルのない自転車型遊具「ストライダー」など雪を楽しむイベントを多数用意する。