3メートル超の氷瀑の壁に囲まれた露天風呂。クリスタルブルーの冬景色が広がる
銚子大滝の氷瀑をイメージした冬限定スイーツ(ホテル提供)

 冬季営業を再開して3年目を迎える「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」(青森県十和田市奥瀬、山下麗奈総支配人)で、今年も奥入瀬渓流を望む露天風呂が冬限定の「氷瀑(ひょうばく)の湯」となり、宿泊客の目を楽しませている。新たに氷瀑にちなんだ限定スイーツも提供しており、冬の奥入瀬の魅力を大々的にPRしている。冬季営業は3月23日まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。