アイスホッケー男子の2022年北京冬季五輪3次予選(2月6日開幕・スロベニア)に臨む日本代表の岩本裕司監督が28日、東京都内で記者会見し、開催国枠で出場した1998年長野大会を最後に五輪が遠い現状の打破へ「責任もあるし、覚悟を持ってやらないといけない」と語った。(共同)

 代表23人はDF山田虎太朗(王子)らアジア・リーグ勢を軸に、北米プロの下部、ECHLのネイラーズでプレーするFW平野裕志朗や米ニューハンプシャー大のFW佐藤航平も名を連ねた。

 東北フリーブレイズからはGK古川駿(青森県八戸市出身)、DF河合龍一の2人が代表入りした。

 世界ランキング23位の日本は3次予選からの登場。同18位スロベニア、24位リトアニア、2次予選を突破した29位のクロアチアと総当たりで争い、1位が8月の最終予選に進む。今月の冬季ユース五輪では女子が金メダルを獲得。岩本監督は「なんとかその勢いに乗って勝ちたい」と意気込んだ。