訓練で感染の可能性がある患者を診察する医師

 八戸市立市民病院は28日、新型コロナウイルスに感染した患者の発生に備え、感染拡大を最小限に防ぐための対策訓練を行った。同病院のほか、八戸市保健所、八戸赤十字病院の職員ら約35人が参加し、患者の受け入れから検体採取までの流れを確認した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)