開始式の総合リハーサルで入場行進する青森県のプラカード係と旗手の津久家選手(奥)=YSアリーナ八戸
試合形式の練習で最後の調整に励む青森県アイスホッケーの成年チーム(左側、青のユニホーム)と少年チーム(右側、赤のユニホーム)=テクノルアイスパーク八戸

 第75回国体冬季大会スケート・アイスホッケー競技会「氷都新時代!八戸国体」は29日午前、青森県八戸市のYSアリーナ八戸で開始式を行い、5日間にわたる熱戦の火ぶたを切る。28日は同アリーナで開始式の総合リハーサルが行われ、吹奏楽・合唱隊などを担当する市内の高校生や歓迎アトラクションの関係者、大会役員ら約450人が当日の流れを最終確認した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。