新型コロナウイルスによる肺炎の流行に伴い、宿泊客にアルコール消毒や体調不良時の自己申告を促す案内板を掲示する青森市浅虫の南部屋・海扇閣=27日

 新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、中国政府は27日、日本など海外への団体旅行を禁止した。青森県内の宿泊施設などによると、今年の春節(旧正月)の連休で青森県を訪れる海外観光客は台湾が中心のため、現時点で中国の団体客のキャンセルなど大きな影響はないという。一方、中国から個人予約のキャンセルは複数出ており、「個人旅行も控える動きがあるのではないか」と懸念する声も上がる。各宿泊施設は利用客や従業員の感染対策に配慮しながら、早期の収束を願っている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。