十和田市の称徳館にお目見えしたつがる市の「馬ねぶた」。つがる市の「馬市まつり」で実際に運行されるねぶたをイメージしたもの=十和田市提供
平家物語の一節「宇治川の先陣争い」を題材にしたもの=十和田市提供

 青森県十和田市深持の馬事公苑内にある馬の文化資料館「称徳館」に昨年12月までに、つがる市の「馬ねぶた」2台がお目見えした。両市とも馬と縁が深いことから、十和田市側がつがる市側に制作を依頼した。十和田市商工観光課の担当者は「つがる市とともに馬文化をPRし、県内外の人に来館していただきたい」と話している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。