八甲田山麓でスキー演習を行う陸上自衛隊員=27日午前11時半ごろ、青森市

 陸上自衛隊第5普通科連隊(青森市)は27日、市内の幸畑墓地参拝と八甲田山麓でスキー演習を行った。118年前に同地で遭難した旧陸軍青森歩兵第5連隊の遺訓を学び、真冬の雪山環境での部隊の対応力の向上が目的。1965年から始まり51回目の今回は、約630人の隊員が銅像茶屋にある後藤伍長の銅像を目指し、片道約7.5キロの道のりを往復した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)